もののけ姫「こだま」モデルは何?正体は何者?

映画
スポンサーリンク

もののけ姫の映画を観たことはあるでしょうか?

自然と人間の共存を描くもので、とても考えさせられますね!

ジブリの代表作と言ってもいいくらいですよね。

そこで出てくる「こだま」気になりませんか?いい味を出していますよね。

その正体やモデルについて解説して行きます!

もののけ姫「こだま」について

こだまってなに?という方にまずご紹介します。

これです!

不思議な生き物ですよね。

「こだま」のモデルは何?

ではこのこだま、モデルは何でしょうか?

こだまのモデルはいない

「シシ神の森」のモデルが屋久島で、屋久島には「木霊の森」が存在し、その写真をとると白っぽいものが写ることがある。

特定のモデルはいませんが、写真に写る「白っぽいもの」をキャラクター化したのでは?と予想されます。

こだまを考えたデザイナーは、「森に何かがいるのが見えるスタッフ」だそうです。

木々に宿る生命が見えるのでしょうか、素敵ですね「。

「こだま」正体は何者?

こだまの正体は一体何者なのでしょうか?

こだまは、植物によく似た妖精のような、一種の精霊のようなもの

淡い緑色をした半透明の体を持つ。

また、

こだま=「木霊」であると考えられる。

つまり「木の精霊」のこと。

樹木に宿る精霊のことですね。見える方には見えるのかもしれません。それをキャラクター化したものとも考えられます。

不思議なものですが、神聖な雰囲気ですね。

「こだま」はどんな存在?人間との関係は?

こだまはどんな存在なのでしょうか?

ストーリーの中の会話から考察すると、

こだまがいるのは「森の豊かなしるし」

こだまは珍しいものではない。

ということがわかります。

こだまがいるのは森が豊かなしるし

故郷を離れたアシタカが、こだまを見て「ここにもこだまがいるのか?」と言います。

つまり、人間の身近なところに多く住んでいるものと考えられます。

一方、一緒にいた甲六(タタラ場の住人で、アシタカとエボシが出会うきっかけとなった人物)は「こいつらがシシ神を呼ぶんだ」と恐れるように言います。

これに対しアシタカは「好きにさせておけば悪さはしない。森が豊かなしるしだ」と言います。

こだまがいる=森が豊かであることを表すようです!

確かに、こだまがいると森がキラキラして見えますね。

こだまと人間は共存できる

ここから、こだまと人間には、どのような関係があるのでしょうか?

こだまと人間は共存できる。

こだまが人間に悪さをするようなことはしない

とわかります。

こだまがアシタカを真似て、背負う場面も!可愛いですよね。

こだまが悪さをするような存在ではないことがわかります。

まとめ

もののけ姫に出てくる「こだま」のモデルや正体についてまとめました。

  • こだまのモデルはない。屋久島の「木霊の森」が舞台。
  • こだまの正体は木霊、精霊、妖精、などが考えられる
  • こだまがいるのは「森が豊かなしるし」
  • こだまと人間は共存できる

こだまに注目して観てみてくださいね!!

ジブリ作品を自宅でみるならこちら

ジブリ作品はAmazonプライムやNetflixでは放映されていません。

ジブリ作品をもう一度視聴したいなら「TSUTAYA DISCAS」がおすすめです!

  • 月額2052円で月8作品までレンタル可能
  • 自宅に届き、返却はポストに入れるだけでOKで送料無料
  • 無料お試し期間30日があるので、気軽に試すことができる

誰もが知っている「TSUTAYA」の定額サービスなので安心ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました