梅シロップを手作りで。きび砂糖やてんさい糖でも作れる?

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年6月頃の私の楽しみ。

それは「梅しごと」です!

梅しごとって何!?

勝手な名称かもしれませんが、

梅が出回ってくる時期に、梅干しや梅シロップ(梅ジュースの素)を作ることを

「梅仕事」と呼んでいます。

地味ぃ〜な作業が続きますが、私が毎年楽しみにしていることの1つです。

今回は「梅シロップ」に絞ってご紹介します。

 

スポンサーリンク

6月中旬〜梅シロップ作りのスタート。個人的おすすめは…

梅が出回ってくる時期が6月中旬〜。

私はいつも長野県から無農薬の梅を送ってもらっています!

スーパーの梅は、とても綺麗で少しお高い印象。

梅シロップはエキスを抽出するので、少々傷んでいても大丈夫!

なので、近くに「JAや農協のような地産地消のものを扱うお店」があれば、

そちらで買うのをおすすめします!

そういうお店は多少傷んでいても売りに出していますが、

スーパーはやはり規格が厳しいらしく、とっても綺麗な梅ちゃんしか出ていませんでした。

(※個人的な見解です)

↑友人たちと一緒に注文するので、今年は約15キロ!

すごい量です、でもいい香り〜**

スポンサーリンク

通常のレシピでは砂糖が多すぎる!

レシピはネットにたくさん掲載されているので割愛します。

でも、毎回驚くのが「砂糖の量」!!!!

ほとんどのレシピでは「梅と同量の砂糖」

1キロの梅に、1キロの氷砂糖…

 

ほとんど砂糖漬けじゃないかしら!?

と私は思うのです。。

 

なので、私は毎年「砂糖は70%に」減らしています。

一度50%で作ってみたら、ものすごく酸っぱかったので、

それからは7割で作っています。

友人たちにも7割レシピをおすすめしていますが美味しいですよ〜!

スポンサーリンク

精製されていない砂糖を使いたい!きび砂糖やてんさい糖でもつくれる?

レシピはいつも「氷砂糖」ですが、

健康面から考えて、精製された白砂糖は避けている我が家。

その代わりに使っているのが「きび砂糖」や「てんさい糖」です。

2つの違いは、以下の通りです(覚え書き)

  • きび砂糖:温かい地方で採れるため、体を冷やす作用が期待される
  • てんさい糖:寒い地方で採れるため、体を温める作用が期待される

費用的には、きび砂糖の方が少し安価かな?という印象です。

夏は冷たいものをとって身体を冷やしがちになるので、

個人的には「てんさい糖」で作ってあげたいな、と考えています。

 

氷砂糖じゃなくてもしっかり溶けるのかなぁ?

そう思う方も多いはず。

何年も氷砂糖以外で漬けている私の結論は、

「溶けます!でも溶けづらいので管理をしっかりしてあげてね!」

ということです。

溶けづらいと、梅が液体に浸からず、発酵してしまいます。

(瓶を開けると ボンっ!という音を立てたり、泡が出ていたら発酵の証拠)

そうならないためにも、毎日しっかり揺すってあげてくださいね。

 

また、お砂糖が茶色いため、シロップ全体も茶色っぽくなります。

でも味には何にも影響ありません。

むしろ私はコクがあって美味しいと思ってます*

スポンサーリンク

発酵してしまったら、どうするの?

万が一、発酵してしまっても大丈夫!

その場合は、中身を大きなお鍋に移し、一度火にかけてください。

少しぐつぐつしてきたら、火を止めてOK。

そのまま、粗熱が取れるまでお鍋においてください。

粗熱が取れたら、漬けていた瓶に戻しましょう。

スポンサーリンク

スパイシーな梅シロップアレンジもおすすめ(レシピあり)

毎年5キロほど漬ける私。

何かアレンジできないかな〜と探して見つけました!

スパイシーな梅シロップ!!

  • シナモンスティック 1〜2本
  • グルーブ      10粒〜
  • カルダモン       3粒〜
  • レモン                    1個

を梅1キロのレシピに追加するだけ!

レモンは皮ごと切って入れます。

皮ごと入れるので国産&無農薬がいいですね!

すぐに国産レモンが手に入らなかったため、国産無農薬の甘夏を入れてみました。

少しスパイシーな香りが漂います〜♪

甘夏を入れることで、梅シロップとは違う酸味がプラスされ、

スパイシーな香りとともにとっても美味しい梅シロップになりました!

いつもと少し違う梅シロップにしたい方におすすめアレンジです!

スポンサーリンク

まとめ

梅シロップを作りたいけれど、きび砂糖やてんさい糖でも

ちゃんと溶けるか心配…という方に向けて記事にしてみました。

毎年作っているので、大丈夫!と言い切れます(笑)

参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました