WBCチェコの代表選手「いい人」と話題なのはなぜ?チェコ選手の好感度UPの理由も。

エンタメ
スポンサーリンク

3月11日に、WBC「日本VSチェコ」戦が東京ドームで行われました。

結果は「10−2」で日本の大勝でした。

それにも関わらず、ネットでは「チェコの代表がいい人!」と話題です。その理由をまとめました。

WBCチェコの代表選手「いい人」と言われる理由

①佐々木投手→ウィリー・エスカラ内野手へのデッドボール

まず1つめの理由はデッドボール事件です。

・4回、佐々木朗希投手(ロッテ)の死球をウィリー・エスカラ内野手が受けた。

・その場に倒れ込んで悶絶。

・激怒してもおかしくないが、さっと立ち上がり一塁へ

「自分は大丈夫」とアピールするようにファウルゾーンで全力疾走をせる

・場内からは大きな拍手!!

さらに、山川選手の話によると

「(佐々木が当てて)『すいません』って言って、ぼく英語は喋れませんけど、聞き取り的には『野球だからこれも起こるよ』ってこと言っていました」

貫いたフェアプレー精神に拍手喝采ですね。

②試合後

さらに試合後のことです!!

・チェコの選手は、完敗したにも関わらず、ベンチを飛び出し侍ジャパンに向かって拍手

・スタンドの方を向き、日本のファンにも感謝の意を示す

なんと素敵なエピソードでしょう!!

会場にいた日本人は感動したことでしょう。

もちろん、テレビで見ていた日本人も感動しています。

WBCチェコ選手への好感度UP。その理由は?

上記のように、チェコ選手へ「いい人!」と注目されていますが、同時に好感度UPもしています。

「(他国だけれど)つい応援したくなってしまう国」のようですね。

その理由は

■チェコ史上、初めて野球のテレビ中継が行われている!

■WBCの注目→今度のチェコ国内での野球人気を背負う

■大きな球場で初めてプレーする

ほとんどの選手が野球が本業ではない(野球以外の本業がある!)

■チェコ人にとってWBCはメジャーリーグのようなもの

などが挙げられます。

今回のWBCは、チェコにとって野球人気に火をつけるものと思われます。

敵ではありますが、ついチェコを応援したくなりますね!

まとめ

WBCチェコ戦を経て、チェコの選手が「いい人」と話題となった理由をまとめました。

チェコの今後にも注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました