風の谷のナウシカを「姫様」と呼ぶのはなぜ?

映画
スポンサーリンク

1984年に公開された映画「風の谷のナウシカ」は原作漫画もありますが、再放送で映画が何度も放映されています。小さい頃に見た!という方も多いのではないでしょうか?

謎が多く、とても奥深い作品で、観る度に「これはどういうことだろう?」と考えさせられます!

もういちど見て、「ナウシカを姫様と呼ぶのはなぜ?」「王国の名前がカタカナばかりで混乱する!」という方に向けてまとめてみます。

風の谷のナウシカ関連記事はこちら

風の谷のナウシカについて(あらすじ)

「風の谷のナウシカ」のあらすじを簡単にまとめます。

<あらすじ>

海から吹く風によって腐海の毒から守られている「風の谷」。

ある日、虫に襲われた輸送飛行船が風の谷に墜落する。

船内には、「火の七日間」と呼ばれる最終戦争で地球を壊滅させた「巨神兵」の核が積まれていた。やがて巨神兵をめぐる闘争が勃発し、風の谷の王妃ナウシカも陰謀渦巻く戦乱に巻き込まれる。

宮崎駿監督が監督、脚本を務めており、2作品目となるのが「風の谷のナウシカ」です。

王蟲と呼ばれる巨大な虫や、“毒の森”である腐海に脅かされながらも人類が生き、“風の谷の族長”の娘であるナウシカを中心に人間同士の争いを描いています。

自然のこと、人間同士のこと、壮大としたスケールで考えさせられる作品といえます。

風の谷のナウシカを「姫様」と呼ぶのはなぜ?

映画の中でナウシカは「姫様(ひめさま)」や「姫姉様(ひめねえさま)」と呼ばれています。

その理由は、

風の谷の族長の娘であるから

です。風の谷の族長でナウシカの父は「ジル」で、谷の民は「ジル様」と呼んでいましたね。

ナウシカの呼ばれ方は

谷の子供からは姫姉様(ひめねえさま)

大人からは姫様(ひめさま)

と呼ばれています。

「姫様(ひめさま)」と呼ばれるシーン「姫様はこの手を…」

姫様と呼ばれるシーンはたくさんありますが、心に残ったのがこちら。

トルメキア軍の捕虜となったゴル。

この手を見てくだされ。ジル様と同じ病じゃ。あと半年もすれば石と同じになっちまう。

じゃが、わしらの姫様は、この手を好きだと言うてくれる。

働き者の綺麗な手だと言うてくれましたわい。

ジルの言葉

ナウシカが姫として慕われている、素敵なエピソードですね。

「姫姉様(ひめねえさま)」と呼ばれるシーン

姫姉様と呼ばれるシーンはこちらです。

谷の子供たちからヒーローのように慕われているのがわかる感動的なシーンですね。

風の谷・ペジテ市・トルメキアについて

風の谷のナウシカには様々なキャラクターが存在します。

敵か味方か分かっても、どこの国だっけ?となることも多いはず。

「風の谷」「ペジテ市」「トルメキア」の3つがあることを押さえておけばわかりやすいと思います!

国と、主要キャラクターについて、簡単にまとめておきますね。

<風の谷>

小国。ナウシカの故郷。 (原作・映画共に辺境諸国) 

ナウシカ

ジル(ナウシカの父)

ユパ(ジルの旧友でナウシカの師)

大ババ(100歳を超える辺境一の年寄り)

<ペジテ市>

都市国家ペジテ。 (原作は辺境諸国) 

アスベル(ペジテ市の王子)

ラステル(アスベルの双子の妹)

<トルメキア>

都市国家ペジテ。 (原作は辺境諸国) 

クシャナ(トルメキアのヴ王の第4皇女)

風の谷のナウシカ関連記事はこちら

ジブリ作品を自宅でみるならこちら

ジブリ作品はAmazonプライムやNetflixでは放映されていません。

ジブリ作品をもう一度視聴したいなら「TSUTAYA DISCAS」がおすすめです!

  • 月額2052円で月8作品までレンタル可能
  • 自宅に届き、返却はポストに入れるだけでOKで送料無料
  • 無料お試し期間30日があるので、気軽に試すことができる

誰もが知っている「TSUTAYA」の定額サービスなので安心ですよね。

まとめ

風の谷のナウシカを姫様と呼ぶのはなぜ?という疑問に対してまとめてみました。

  • 風の谷のナウシカは1984年公開の映画
  • 宮崎駿監督が監督、脚本を務めており、2作品目となる
  • 自然のこと、人間同士のこと、壮大としたスケールで考えさせられる作品といえる
  • ナウシカを「姫様」と呼ぶのは「風の谷の族長の娘だから」
  • 大人たちは「姫様」子供たちは「姫姉様」と呼ぶ
  • 「風の谷」「ペジテ市」「トルメキア」の3つがあることを押さえておくとわかりやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました