レイトン教授とルークの声優は誰?堀北真希の復帰や映画化の可能性はあるの?

エンタメ
スポンサーリンク

2023年2月9日にレイトン教授シリーズの最新作が発表されました。最新作は「レイトン教授と蒸気の新世界」。発売日などの詳細はまだ未公開ですが、ショートームービーも公開され、次作が楽しみでなりません!

最新作の内容も気になる中、Twitterでも話題なのが「ルークの声優は誰?」というポイント。ルークの声優は堀北真希さんが務めていましたが、芸能界を引退されています。復帰の可能性はあるのでしょうか?

「レイトン教授と蒸気の新世界」レイトン教授とルークの声優は誰?

前作では、

レイトン教授:大泉洋

ルーク:堀北真希

がそれぞれ声優を務めていました。

2007年2月に、ニンテンドーDSソフトとして発売されたシリーズ第1弾「レイトン教授と不思議な町」が、堀北真希さんにとって声優初挑戦の作品でした。

その後、堀北さんは2013年2月にニンテンドー3DSソフトとして発売された「レイトン教授と超文明Aの遺産」まで6作にわたり、動物と自在に話せる能力を持つ英国の少年ルークを演じています

レイトン教授シリーズの作品について

堀北真希さんは6作に渡り、声優を務めてきていますが、これまでどんなシリーズがあったのでしょうか?

シリーズ発売日作品名
第1シリーズ2007年2月15日レイトン教授と不思議な町
2007年11月29日レイトン教授と悪魔の箱
2008年11月27日レイトン教授と最後の時間旅行
第2シリーズ2009年11月26日レイトン教授と魔神の笛
2011年2月26日レイトン教授と奇跡の仮面
2013年2月28日レイトン教授と超文明Aの遺産
新「レイトンシリーズ」2017年7月20日レイトンミステリージャニーカトリーエイルと大富豪の陰謀
未定レイトン教授と蒸気の新世界

堀北真希さんは全ての作品で声優を務めているの?

上記の表を見ると全部で7作品発売されてきたことがわかります。堀北真希さんは全て声優を担当されたのでしょうか?

7作品目の「レイトンミステリージャニーカトリーエイルと大富豪の陰謀」では、ルークの登場はなく、堀北真希さんは声優を担当されておりません。つまり2007年〜2013年まで約6年間、6作品でルークを担当していました。

「レイトン教授と蒸気の新世界」で堀北真希が復帰する可能性はあるの?

レイトン教授シリーズの最新作が発表されるとTwitterでは「堀北真希」が急上昇!

「ルークが出るなら、声は堀北真希さんがいい」

「堀北さんに帰ってきて欲しい」

「堀北さん、引退したけれど声優だけなら何とかならないか?」

「ルークの声が変わるとしたら、レイトンの声も変わる?」

などの声が相次ぎました。長年ルークの声を務められたからこそ、ルーク=堀北真希さんのイメージが定着していたことがわかります!

では、2017年2月末で芸能界を引退された堀北真希さんですが、今後復帰する可能性はあるのでしょうか?

答えは「ない」です。その理由として、妹NANAMIさんが2020年に出演したTV番組で姉の復帰について聞かれたところ「(復帰は)しません」と断言しているからです。

レイトン教授シリーズの映画化の可能性はあるの?

最新作では映画化の可能性はあるのでしょうか?

現段階では、映画化は未定となっています。

これまで7作品ある中で、映画化されたのは1回で、オリジナルストーリーだったため、最新作と連動する可能性は低いと思われます。

ただ、5年ぶりの最新作のため、注目度を上げるためにも、映画を発表する可能性はもしかしたら、あるかもしれません!

これまで、レイトン教授シリーズでは1度、アニメ映画が放映されています。

「レイトン教授と永遠の歌姫」2009年12月19日全国東宝系ロードショー

こちらは映画オリジナルストーリーとなっています。DSソフト「レイトン教授と魔神の笛」が同年11月26日に発売された直後であることから、前売券ではDSソフト付き前売券も発売されました。

全国311館公開での12月19−20日の初日2日間の成績が、動員7万9477人、興行収入9318万200円となり、週末興行収入で初登場第6位となりました!

映画の実績からもレイトン教授シリーズの人気の高さが伺えます。

まとめ

・レイトン教授とルークの声優について

・堀北真希さんの復帰の可能性について

・レイトン教授シリーズの映画化について

まとめてきました。

レイトン教授の声優は大泉洋さん、ルークの声優は堀北真希さんが務めてこられています。

また、妹NANAMIさんの発言より「堀北真希さんの復帰の可能性はないと思われます。

最新作の映画化はまだ未定ですが、これまでの7作品の中で、映画化は1度のみでオリジナルストーリーだったため、仮に映画化されるとしてもソフトとの連動はないのでは、と思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました