ラミ・マレックがフレディ・マーキュリーにそっくり!驚愕の役作りについて

エンタメ
スポンサーリンク

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は観ましたか?

上映中は映画館に2.3度通った!という方もいるほど、話題になった映画です。

その主演をつとめるラミ・マレックが、クイーンの「フレディ・マーキュリー」にそっくり!!で驚いた方も多いはず。

その役作りの裏側を調べてみました!!

見逃し配信はこちら。お試し30日間無料!

ラミ・マレックとフレディ・マーキュリーがそっくり?

日本でも興行収入130億円を突破するメガヒットを飛ばした映画

ラミ・マレックの演技力も素晴らしく、第91回アカデミー賞で主演男優賞を獲得しています!

そっくりな写真を見比べてみます!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」より

上がラミ・マレックで、下が本物のフレディ・マーキュリー。どうですか?似てますよね!!

ラミ・マレックの役作りについて

これだけ似ているのは、メイクだけではないはず。その「役作り」について探って行きます!

①見た目がそっくり

まずは見た目。本当にそっくりですね!

ヘアメイクの「ジャン・スーウェル」はフレディの顔をかなり研究し、あご、目、鼻、の特徴をぬまなく掴みました。

メイクの時間は毎回2時間かかったほどです!

特徴的な歯は入れ歯、鼻はゼラチンの人工鼻、を使っています。

髪型はカツラで、ヒゲはつけ髭です。

ただつけるだけではなく、ベースから似せているのがすごいですよね!!

②パフォーマンスがそっくり

歌声もそっくり?!と思いますが、こちらについては別記事を読んでみてくださいね!

ラミはボーカルコーチをつけて、1年半かけて歌を特訓したそう。

実際の音声は本人と異なりますが、監督は「口パクではなく本当に歌う演技を大切にする」そうで、歌ってパフォーマンスもしています!

ライブのパフォーマンスを見ると、迫力もありそのすごさがわかりますね…!

③動作がそっくり

監督は「彼はまるでフレディが生き返ったかのようだ」というほど!

その動作の役作りには、「ムーブメント・コーチ」のポリー・ベネットの功労がありました。

ラミと一緒にフレディのインタビュー映像を分析し「なぜそこでフレディがそう動いたか」を考え続けたといいます。

さらに、フレディが得意だったスポーツ(ボクシング、長距離、ゴルフ)や、影響を受けた人物(ジミ・ヘンドリックス、ライザ・ミネリなど)も観察分析したそうです。

フレディを構成するあらゆるものを全て分析した結果といえますね!!

まとめ

ラミ・マレックがフレディマーキュリーの役作りのために相当な努力をされたことがわかりました!

その役作りについて、

  • 見た目
  • パフォーマンス
  • 動作

について秘話をまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました