ボヘミアン・ラプソディの由来は何?歌詞に込められた想いは?

エンタメ
スポンサーリンク

映画「ボヘミアンラプソディ」は大ヒットした映画で、映像はもちろん、ライブパフォーマンスが素晴らしい!!

映画を見おえた後は、ついクイーンの楽曲を流したくなります♪

そんな映画のタイトルにもなっている楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」の由来は何だろう?

そんな疑問に対してまとめていきます!

ボヘミアン・ラプソディの楽曲について

「ボヘミアン・ラプソディ」はどんな楽曲でしょうか?

・QUEEN(クイーン)1975年発表の名盤「オペラ座の夜(A Night At The Opera)」に収録されている曲

・作曲&歌詞:フレディ・マーキュリー

6分を超える大作

・1975年10月シングル・カットされイギリスで9週連続1位を記録した。

・フレディ・マーキュリーの死後1991年12月に再度シングルとしてリリースされ、5週連続で1位を記録

・イントロはアカペラで始まり、そこからバラード→オペラ・パート→ハード・ロック・パート、そして最後にまたバラードに戻るという構成は前代未聞の壮大さと難解さ

また曲の特徴は、

・イントロはアカペラで始まる

アカペラ→バラード→オペラ・パート→ハード・ロック・パート、そして最後にまたバラードに戻るという構成

・最初のバラード部分は、「人を殺してしまった」という衝撃的な歌詞から始まる

・オペラ・パートに入ると曲調も歌詞も一変する

などが挙げられます。

特徴を挙げると、すごい曲であることがわかりますね!!

ボヘミアン・ラプソディの英訳

「ボヘミアン・ラプソディ」を英語に戻すとBohemian rhapsodyです。

それぞれを訳すと

Bohemian の意味

「欧州の主要都市に住み貧乏で非因習的な生活をおくる芸術家・作家・ジャーナリスト・音楽家・俳優など」を指す言葉。

rhapsody の意味

文章やスピーチにおける、過度に高揚した/熱狂的な感情の発露のこと。 「狂詩曲」と日本語に訳されるほか、「ラプソディー」というカタカナ語にもなっている。

です。

複数の意味もありますが、上記が主な意味になります。

ボヘミアン・ラプソディの由来は何?

では、「ボヘミアン・ラプソディ」の由来は何でしょうか?

実は、この曲名の意味について統一的な見解は存在しないため、明確な由来はわかっていません

正解はないですが、

・ボヘニアニズム=貧困な音楽家

・ラプソディ=感情の発露

と位置付けると、

貧困な音楽家をフレディ自身に重ね、そのフレディの悩みや苦悩を発露することが由来として作詞作曲された曲ではないか?

と予想されます。

ボヘミアン・ラプソディの歌詞に込められた想いは?

名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞に込められた想いはどんな想いがあるのでしょうか?

結論から言うと歌詞の解釈についても学者や評論家の間で見解が分かれる曲であり、聴く人によって歌詞の解釈が異なる曲です。そのため「歌詞に込められた想いの正解はない」といえるでしょう。

色々な解釈があるとはいえ、どんな想いが考えられるでしょうか?

フレディ・マーキュリーが同性愛者をカミングアウトした曲ではないか?

「人を殺してしまった」というフレーズは、自分自身のことか?

色々なパートが入り混じることから、フレディ・マーキュリーの苦悩や混乱が表れているのではないか?

などが挙げられます。

クイーンのメンバーであるロジャーやブライアンも「歌詞の意味はわからない」と言っている曲なので、その真意は不明です。

聞く人に考えさせる、奥深い楽曲であるといえますね!!

まとめ

クイーンの代表楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」について由来や歌詞に込められた想いをまとめました。

  • ボヘミアンの意味は貧困な音楽家
  • ラプソディの意味は感情の発露
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」は6分を超える大作で名曲
  • 由来はフレディの生い立ちや悩み苦悩から作詞作曲された曲ではないか?
  • 歌詞に込められた想いは聞く人により解釈が異なり様々な見解がある

由来や想いを自分なりに解釈しながら聞いてみるのも面白いですね!

もう一度「ボヘミアン・ラプソディ」の意味を考えよう

お試し31日間無料!期間中解約無料!

U-NEXT31日間の無料キャンペーンがあり、無料登録後にすぐに使えるポイントが1200円分あります!いつでも解約可能で、31日以内の解約料金がかかりません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました